立会川

【立会川の水質】河川の水質浄化の動きを調べました!

立会川は、品川区内において目黒川と並んで挙げられる代表的な河川です。

現在では暗渠(※)化が進み、区内の主要道路や緑地となっているため、流れが地上に出るのは東大井六丁目と南大井五丁目の堺にある月見橋から下流の1㎞弱となっています。

ですが、京浜急行立会川駅のように駅名として認知されているうえ、川の付近には商店街が点在しており、立会川は地域のシンボル的な存在と言えます!そこで立会川の過去を知るべく、水質浄化の動きを調べたので紹介していきます。

※覆いをしたり地下に設けたりして、外から見えないようになっている水路のこと

 

立会川の水質改善への取り組み

河川の水質問題は多くの地域で取りざたされているように、ここ立会川でも家庭や工場からの排水流入などによる水質汚染が叫ばれてきました。

そこで品川区は下水道の整備に乗り出し、平成7年にはほぼ100%の下水道普及率を概成したことで大きく水質改善されました。平成14年からはJR総武線の総武トンネルに漏出する地下水を導水、放流して、水量の確保にも動いています。

また、微生物による浄化実験や海水導水実験を経て、平成19年度に行った高濃度酸素溶解水の施設を本格導入して更なる水質の浄化を図っています。

東京都の下水道は合流式下水道であるため、一定量を超える雨が降ると下水が河川に流れ込んでしまい、水質が悪化してしまうという問題も抱えています。

その対策として、東京都下水道局は合流式下水道の改善事業を行っており、その重点地区として立会川が指定を受け、初期雨水の貯留施設の整備などが実施されているところです。

 

自然あふれるまちづくりによる地域の発展

品川区では昭和53年策定の「品川区長期基本計画」において「水とみどりのネットワーク化」を施策の基本に据え、多数の公園の整備に加え、立会川でも立会緑道の開発を行ってきました。

区内におけるそうした活動は多数あり、大崎での花いっぱい運動やしながわ花海道などのほか、各地域におけるボランティア活動など活発に行われています。

花いっぱい運動

しながわ花海道

自治体や行政のみに限らず、地域コミュニティや企業による取り組みもまちづくりには欠かせないものではないでしょうか。
品川区、引いては立会川の今後の地域発展にも注目していきたいと思います!

参考文献:品川区史(品川区発行)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です